あなたのEメールにパスワードが送られます。

Corporate interview

 

WABISABI-JAPAN編集部の東郷です。本日は「子育て応援」をモットーにしている、エンゼルグランディア越後中里 レストラン責任者 梅澤さんにインタビューしてきました。レストランへの新しい改革や、ホテルのレストランで働くということについて語っていただきました。

↑ インタビューを受けてくださった梅澤さんです。

 

 

エンゼルグランディア越後中里の募集ページ

【Rakuten Travel No.1】リゾート地にて「OMOTENASHI」を学びませんか?

 

↓ エンゼルギランディア越後中里でインターンシップするMy Anhさんのインタビュー

【エンゼルグランディア越後中里】日本のホテルでのサービスの質の高さについて

 

Corporate interview

「楽天トラベル朝ごはんフェスティバル」で5年連続エリア代表に選出!

 

梅澤さんこんにちは!まずはエンゼルグランディア越後中里のレストランについて教えていただいてもよろしいでしょうか?

ここエンゼルグランディア越後中里のレストランはホテルの中でも一番と言っても過言ではないくらい特に力を入れています。やはりお食事を楽しみにして、お越しになるお客様も多いので、しっかりと力を入れて取り組んでいます。中でも朝食バイキングは「楽天トラベル朝ごはんフェスティバル」で5年連続エリア代表に選ばれております。

↑料理長こだわりのフレンチトーストです。

 

https://travel.rakuten.co.jp/special/asafesta/

楽天トラベル朝ごはんフェスティバルのURLです。

 

レストランに力を入れているのですね!何かコンセプトはありますか?

エンゼルグランディア越後中里のレストランのコンセプトとしては子育て応援に特化しておりますので、レストランとしてもお子様に優しいレストラン作りというのを中心に考えています。このエンゼルグランディア越後中里はスキー場が近くまた、川も山もあるので、ご家族がお子様連れで特に夏休み、冬休みとたくさんのお客様がお越しになります。多い時期ですと何千人ものお客様でレストランが溢れる中、ほとんどのご家族がお子様連れなので、すごく賑やかですね。

 

▷全てのお客様に楽しんでもらえるための工夫

 

何かお子様向けに取り組んでいることはありますか?

お子様が楽しめるように離乳食を用意し、またキッズコーナーを作りました。

レストランは朝食と夕食がバイキングスタイルですが、以前はお子様でも食べられるメニューが少ないとお客様からお叱りをいただくケースがございました。大人向けのメニューばかりでお子様向けのメニューをあまり用意しておりませんでした。我々レストランとしても、全てのお客様に喜んでもらいたいと考え、お子様でも楽しめるようなメニューを数多く用意することにしたのです。

 

 

奥にあるひときわ目を引くコーナーですね。

ありがとうございます!実はいくつか工夫していることがあります。まずこちらのスイーツコーナーですが、ショーケースを低くしています。お子様が手に取りやすくなり、またアイスに自由にトッピングできるようになりました。キッズコーナーでは、わたあめ機やワッフル機などを設置しています。そして親御さんにも安心していただくために、メニューには全てアレルギー表記しています。

 

↑お子様向け離乳食です。

 

↑お子様向けの自分で作ろうコーナーです。

 

お子様も親御さんも嬉しいですね!

家族みなさんで楽しい時間を過ごして欲しいという思いスタッフの中にありますので、お子様が楽しんでいる姿を見て親御さんも笑っていて、そういう姿を見るとレストランのスタッフ一同もやりがいを感じますね。

 

 

他に何か力を入れていることはありますか?

シーズンごとのイベントには力を入れています!秋は収穫祭というのがあり、地元で採れた食材を使った料理を出したり、冬には温かい料理を出したり、季節に応じてメニューを変えています。大体年4回バイキングのメニューを変えています。あとは、ハロウィンやクリスマスというイベントでちょっと料理を変えています。

↑こちらは冬限定の食材や新潟産の食材を使用しています。

 

すごいですね。どの季節にきても楽しめますね。

食事を楽しみにしてお越しになるお客様は多く、その中でも季節ごとのイベントを楽しみにして来られるリピーターのお客様も年々増えているので、こちらも毎年同じものではなく、何かしらアレンジを加えていつお越しいただいても楽しめるように工夫しています。

 

 

Corporate interview

 

お客様に感謝されて嬉しい仕事!

 

お客様へのサービスにはスタッフの人が欠かせないと思いますが、スタッフの皆さんの雰囲気はどうですか?

若いスタッフが多いのですが、彼らがメインとなってやってくれているので、とても活気がある明るい雰囲気ですね。長所伸展(いいところを伸ばしていこう)というのをモットーにしていますので、それぞれのスタッフの良いところを褒めて伸ばすようにしています。

また派遣社員が繁忙期になると来てくれるのですが、その方々たちにも現在いる常駐スタッフたちがしっかり教えようという空気があるので、みなさん高め合いながら、和気あいあいと働いているかなと思います。

 

高め合える環境は大事ですね。梅沢さんがしっかりと指導しているのですか?

やはり若い子達が多いので、なかなか心配なこともありますが私はなるべく見守るようにしています。もう現場に任せているので、みなさんにやってもらって個々の力を発揮してもらっています。やって行く中で、レストランをこうしたい、こう変えたいという提案をしてもらったほうがレストランに愛着もわくかなと考えています。もちろん最後は責任者である私がしっかりフォローするようにしています。いい意味で自由にやらせていますね。

 

 

↑スイーツバイキングの様子です。季節に合わせていますね。

留学生についてどういった人が欲しいですか?

留学生に限らずですが、一番はやる気がある方ですね。日本語レベルももちろん大事ですが、接客がメインなので自分から学びたい、やりたいという向上心や前向きに考えてくれる方がいいですね。わからないことをすぐに聞ける方や、自分で考えられる方がいいですね。

このようにやる気があって、向上心を持っていて、自主性がある方と働きたいと思います。

 

 

ありがとうございます。レストランで働く上で大事なことなどありますか?

協調性があるというのも大事ですね。接客は個人で接しますが、チームプレイなので常に連携し合いながらチームで働くという感覚が大事ですね。ミスした時もお互いにフォローし次に生かすことができるというのが、大事だと思います。エンゼルグランディア越後中里のレストランでもスタッフ同士が密にコミュニケーションをとりながら、チームプレイでお客様と向き合っています。

そしてこのチームプレイこそがお客様に対して最高のサービスを提供する源になっていると考えています。

 

 

最後に留学生に一言はありますか?

大変な仕事ではあるけれども、お客様に最後に感謝されて嬉しい仕事だと思います。ですから、お客様に接するのが好きな人、人にために何かしたいという方大歓迎です。なかなか、朝は早く、夜も遅いこともあり、体力が必要な仕事だけれども若い子たちが多いので同世代の仲間ができると思います。

一緒に働いたスタッフたちは、一生掛け替えのない仲間や財産になると思います。

是非一緒に楽しく働いてくださる方、お待ちしております!

 

↑夕食バイキングの様子です。

 

 

本日はお忙しい中、エンゼルグランディア越後中里の梅澤さんありがとうございました。もし興味があったら是非ご応募ください。

 

【Rakuten Travel No.1】リゾート地にて「OMOTENASHI」を学びませんか?

 

応募フォーム

 

株式会社エンゼルのHPはこちら