あなたのEメールにパスワードが送られます。

【観光地紹介】「飛騨高山(Hidatakayama)」

 

ベトナム語はこちら

【観光地紹介】「飛騨高山(Hidatakayama)」のオススメ観光名所10選!!!(Vietnamese)

 

飛騨高山って知っていますか?

飛騨高山は日本でも人気の高い観光地のひとつです。

北アルプスなどの山々に囲まれた自然豊かな景色を楽しむ観光スポットはもちろん、江戸時代から明治時代にかけての面影を残した古い町並み、飛騨牛といったご当地グルメなどが観光客に大変人気となっています。

また、映画「君の名は。」のモデルとなったスポットも多数あり、聖地巡礼としてアニメ好きの外国人も数多く訪れています。

飛騨高山は岐阜県の北部に位置しており、名古屋駅から高山本線で約2時間20分かかります。北陸新幹線が開通したことにより、富山駅を経由すれば都心からも約3時間40分と、アクセスの手段も増えました。この記事ではそんな飛騨高山のオススメの観光名所を10個紹介します。

 

 

【観光地紹介】「飛騨高山(Hidatakayama)」

① 古い町並み

高山の古い町並みは、飛騨高山の中で一番人気の観光地です。江戸時代より城下町、商家町として発展を遂げた中心市街地は、江戸時代のままの景観が残っており、国選定重要伝統的建造物群保存地区として保護されています。その風情ある外観から、「飛騨の小京都」とも呼ばれています。

町家には造り酒屋や味噌屋、雑貨屋、カフェ、レストラン、土産物屋などが並びますが、おすすめはなんといっても食べ歩きのできる飛騨牛やみたらし団子でしょう。

▷icottoはこちら

▷ぐるたびはこちら

 

近くには江戸時代の役所であった高山陣屋があります。古い町並みとセットで訪れるのが定番ですね。

ちょっと歩き疲れた方は人力車ごくらく舎)に乗って古い町並みを散策することもできますよ。

 

 

② 宮川朝市

日本四大朝市の一つと言われる宮川朝市。陣屋前広場と宮川沿いの二か所に位置しており、新鮮な野菜や果物、花など四季折々の楽しみがあります。地元の方たちと素朴なやりとりができるのも魅力のひとつです。お店の数は約40軒ほど。朝の7時からオープンしています。

 

 

 

でこなる横丁

でこなる横丁の入口

昭和な雰囲気の屋台が並ぶでこなる横丁では、高山ならではの特産品や、日本の屋台ならではの射的や手裏剣を楽しむことができます。ここに来れば、毎日お祭り気分で飲んで食べて遊べるとあって、外国人観光客にも密かに人気のスポットとなっています。夜は12時まで営業。

ちなみに、「でこなる」は高山の言葉で「大きくなる」という意味です。

▷でこなる横丁のサイトはこちら

 

 

 

④ 白川郷

世界遺産にも登録されている白川郷には、毎年多くの観光客が訪れます。他地域の合唱民家集落とは異なり、現在も実生活の場として使われているのが特徴です。毎年2月頃の週末には夜間ライトアップが行わわれ、その景色は大変美しく幻想的です。

 

 

 

⑤ 下呂温泉

下呂温泉は草津、有馬と並ぶ日本三名泉のひとつで、1000年以上の歴史を持つとされています。その中でも、水明館はベスト温泉宿100において1位を獲得したことがあるほどの有名旅館です。3ヶ所の温泉大浴場や様々スタイルで味わう飛騨の味、豊富な客室や室内温泉プール、エステなど充実の施設が自慢となっています。

▷下呂温泉のサイトはこちら

 

 

 

奥飛騨温泉郷

日本の屋根、北アルプスの懐に抱かれた奥飛騨温泉郷。自然との語らいの中から、平湯温泉・福地温泉・新平湯温泉・栃尾温泉・新穂高温泉という5つの秘湯が育まれてきました。山里ならではの郷愁を誘う風情と、日本一といわれる露天風呂そして、四季折々に豊かに表情を変える自然がうれしい、心にほんのりしみてくる日本のふるさとです。

▷奥飛騨温泉郷はこちら

▷ぎふの旅ガイドはこちら

 

 

 

乗鞍岳

乗鞍岳は3,026mの主峰「剣ヶ峰」をはじめとする23の峰に7つの湖、8つの平原からなる火山からなる山で、北アルプスの南端に位置しています。四季を通じて美しい景観が楽しめ、多くの人で賑わいます。

乗鞍スカイラインは乗鞍岳に向かう道路で、日本一の高度を走ることができます。そのため、登山も日本一標高が高いバスターミナルからスタートすることになります。よって、わずか90分で登頂することができ、コースもよく整備されていることから、初心者が気軽に登れることでも知られています。

▷乗鞍岳・乗鞍スカイラインのサイトはこちら

 

 

 

飛騨古川祭

古川祭は、「山・鉾・屋台行事」のひとつとして「古川祭の起し太鼓・屋台行事」が2016年12月にユネスコ無形文化遺産に登録されました。また、町内にある気多若宮神社の例祭で国の重要無形民俗文化財にも指定されている伝統神事で、340年の歴史があります。男性たちが裸になって行う「起こし太鼓」が有名で、毎年、4月19日と20日の2日間に渡って盛大な時代絵巻が繰り広げられます。

▷飛騨市公式観光サイトはこちら

 

 

 

高山祭

高山祭は、毎年開催される、4月14~15日の日枝神社例祭「春の山王祭と、10月9~10日の櫻山八幡宮例祭「秋の八幡祭」の総称です。祇園祭・秩父夜祭と並ぶ、日本三大美祭としても大変有名です。

▷ぎふの旅ガイドはこちら

 

 

 

⑩ 「君の名は。」

2016年、日本で空前の大ヒットとなった新海誠監督のアニメーション作品「君の名は。」。実はこの映画の舞台のひとつが飛騨高山なのです。そのため、上映されてから現在に至るまで、聖地巡礼地として大変な人気を博しています。

上記の写真は、映画の中で、主人公の瀧がヒロインの三葉を探しに飛騨高山(劇中では糸守町)へ来るシーンのモデルとなった場所です。これは飛騨古川駅で、劇中に登場する売店もこの飛騨高山駅にある売店がモチーフとなっています。

この他にも、飛騨市図書館や味処古川など数多くの聖地が飛騨高山には存在します。もし映画を見て興味を持ったなら、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

 

インターンシップしませんか?

【留学生必見】インターンシップとは何か?(Vietnamese)