あなたのEメールにパスワードが送られます。

Internship interview

 

WABISABI-JAPAN編集部の倉片です。本日はこの夏限定の「まつしま香村」でインターンシップをしているファムティフォンさんにインタビューしてきました。接客するにはもっと松島について知らなければならないと思って、途中から猛勉強したそうです。そんなフォンさんにインターンシップの面白さについてインタビューで語っていただきました。

 

↓ Internship Interview Vol.3(Vietnamese)

Internship Interview Vol.3 もっと経験したい!もっと学びたい!(Vietnamese)

 

↓ Internship Interview Vol.1

Internship Interview Vol.1 学生レベルから一歩抜け出すために

 

Internship Interview Vol.2

Internship Interview Vol.2 日本のリーダーシップとは?

 

 

Internship interview

「お客様に喜んでもらえるのが嬉しい」がきっかけ!!

まずはフォンさんについて教えてください。

千葉県にある秀明大学の観光ビジネス学部に通うファムティフォンと申します。現在は2年生です。

 

 

フォンさんは今回どのようなインターンシップに参加したのですか?

宮城県松島町にある旅館「まつしま香村」にて4週間のインターンシップに参加してきました。松島は年間観光客が300万人を超える日本の有名な観光地で、最近海外の観光客も増えています。このような観光地にて接客の仕事をしていました。

 

 

フォンさんは観光ビジネス学部に所属しているので、将来は観光に関係する仕事をしたいと考えているのですか?

そうですね。将来は旅行会社で働きたいと思っています。現在は団体客向けのツアー会社はたくさんあるかと思いますが、時間も決まっているのでせかせかした旅行になっていると思います。そうではなくてもっと一人一人のお客様がのんびりと楽しめるような個人旅行を提案できる仕事をしたいと思っています。

 

 

ベトナム人で個人旅行にきている方も増えていますもんね。

ベトナム人の観光客は増えていますが、まだまだ日本について知らない人たくさんいます。日本の観光名所をたくさん知ってもらうことで、日本の各地にある文化に触れてもっとベトナム人の視野が広がるようなことをしたいですね。そして行く行くは全世界の人の視野が広がるようなお手伝いをしていきたいと思います。

 

 

そのように思うようになったきっかけはあるのですか?

大学に入ってから行ったホームステイ先のお父さんとの出会いです。そのお父さんは千葉県で旅行会社を経営しています。個人個人のお客様のニーズをじっくり聞いた上でそのお客様に合わせたツアーを組んでいます。お客様に喜んでもらえるのが嬉しいと目を輝かせて話しているのを聞いて、自分もこのような仕事をしたいと思うようになりました。

↑ 松島のお気に入りの場所「福浦島」です

 

 

 

 

Internship interview

まつしま香村でのインターンシップ

 

まつしま香村のインターンシップについて詳しく教えてください。

まつしま香村は宮城県松島町にあります。松島は日本三景の1つであり、年間観光客が300万人も超えるような観光地です。仙台から30分で行くことができるので、仙台と合わせて観光する人が多くいます。最近は外国人の観光客が急増している観光名所です。

そんな有名な観光地の中心部にあるのが「まつしま香村」です。旅館から10分歩くと綺麗な海と島が広がります。部屋の数は8個しかないのですが、社長や女将さんとの距離が近くお客様ともじっくり話すことができる旅館です。ここで旅館のサービス業の全ての仕事を経験しました。

 

【観光地紹介】日本三景「松島(Matsushima)」のオススメ観光名所10選!!!(Vietnamese)

日本三景「松島(Matsushima)」のオススメ観光名所

 

具体的にはどのような仕事をしたのですか?

最初の1週間は旅館の基本的な仕事から始まりました。お客様がチェックアウトした後に、部屋の清掃を行ったり布団を整えたりなど。他にはまつしま香村では朝食を提供しているので、朝食の準備などもしていました。

 

 

仕事は大変でしたか?

旅館の仕事はスピードが命なので最初は大変でした。次にどんな仕事をやらなければいけないのかを常に考えながら仕事をしていました。また部屋の掃除も細かいところまで目を配らなければならず慣れるまでは大変でした。

↑ 松島は「カキ」が有名です。食べ放題の時の写真です。

 

 

 

 

Internship interview

 

「もっと経験したい!!もっと学びたい!!

 

まさに日本の旅館での「おもてなし」ですね。

そうですね。ただ1週間経って慣れてきた頃にふと考えたわけです。「もっと経験したい。もっと学びたい」と。

せっかく松島にてインターンシップをするのにこのまま終わってしまうのはもったいない。自分は将来、お客様が喜んでもらえるような観光の仕事をしたいと思っているので、まつしま香村での接客についてもっと学んで将来の仕事に活かそうと考えるようになりました。

 

 

素晴らしいですね。自ら考えて行動を起こしたのですね。どのようなことを実践したのですか?

私が実践したことは2つあります。1つ目は社長や女将の接客を観察することです。2人の接客はお客様に旅館の案内をするだけでなく、松島にまつわる話であったりお客様のことを聞いたりして、私が聞いていても楽しくなるようなお話をしていました。

2つ目は松島についてとことん調べることです。まずは社長や女将に松島について聞いて、簡単な歴史を教えていただきました。またインターンシップの合間に松島にある観光地をくまなく散策して、お客様にも紹介できるように徹底的に勉強しました。

 

 

お客様に喜んでほしいとの思いで勉強したのですね。実際に接客に活かすことはできましたか?

お客様に松島のことをもっと知ってもらい松島に来てよかったなと思ってもらえるように、チェックインをしたお客様には「松島クイズ」を出すことにしました。その名の通り「松島に関するクイズを数問出して、松島について知ってもらう」という取り組みです。クイズを楽しんでいるお客様が多かったので、松島について勉強してよかったなぁと思いました。

 

 

接客について多くのことを学ぶことができたのですね

外国人のお客様も数多くいらっしゃっていたので、英語で接客することも多くありました。もちろん外国人のお客様にも同じように楽しんでいただくために同じように接客しました。日本に来てからは英語を使う機会がほとんどなかったのですが、日本のおもてなしの心で英語で接客するのもとても勉強になりました。お風呂が故障した日があって、オランダ人のお客様と近くの温泉に一緒に入ったこともあります。笑

 

↑ 部屋の掃除をしている時の写真です。笑顔が素敵です。

 

 

 

 

Internship interview

 

学んだことを将来のキャリアに活かしていきたい!!

 

まつしま香村のインターンシップでたくさんのことを学ぶことができたのですね。フォンさんは今後この学んだことをどのように活かしますか?

インターンシップを通じて接客について多くのことを学ぶことができました。自分の将来やりたいことに一歩近づくことができました。しかしまだまだ観光地についての知識は多くありません。もっと多くの観光地を訪れて、またインターンシップのような形で勉強したいと思います。

 

 

引き続き勉強頑張ってくださいね。最後にこれからインターンシップをする学生に対してメッセージをお願いします。

学校の授業で観光とビジネスについて勉強していますが、実践で学ぶことができたのは今回が初めてです。日本の旅館で普段から行われている接客について数多くのことを勉強することができました。このインターンシップで勉強を終わらせるのではなく、引き続き将来の夢に向かって勉強を続けていきたいと思います。

同じように将来、自分がやりたいことがあるような人は是非ともこのようにインターンシップという形で勉強した方がいいと思います。そしてただインターンシップに参加するだけでなく、「自分は何の為に来たのか」をきちんと考えながら仕事を行うとより成長できると思います。これからインターンシップを始めたいと考えている方は是非とも頑張ってくださいね!

 

↑ 国宝の瑞巌寺に行った際の写真です。お気に入りの一枚だそうです。

 

 

フォンさんお忙しいところありがとうございました。

是非ともさらに成長できるように頑張ってくださいね!!

 

 

 

 

Internship interview

 

▷インターンシップとは何か?(Vietnamese)

【留学生必見】インターンシップとは何か?

▷インターンシップをするまでのフロー(Vietamese)

【留学生必見】インターンシップをするまでのフロー(Vietnamese)

 

キャリア相談 応募フォーム