あなたのEメールにパスワードが送られます。

日本茶を分類してみよう!!

 

 

日本人にとって欠かせないの飲み物がお茶です。古くから親しまれており、今では本格的なお茶が低価格でも飲めるようになってきました。今回は日本で飲まれているお茶の種類と製法を紹介したいと思います。

 

 

 

 

① 深蒸し煎茶

お茶は茶葉を摘み取ってから送風や加熱、蒸すなどの工程があります。中でも蒸すという工程がお茶の味や見た目、香りなどを大きく左右します。蒸す工程が浅ければ色が薄くスッキリとした喉越しの緑茶になります。反対に蒸す工程が深ければ深いほど色も味も濃くなります。

 

以前、私が海外の人にお土産として煎茶を渡しました。実際に飲んでもらったところ、渋すぎて飲めないと言っていました。海外では珍しいのかもしれませんね。インドのチャイや中国の烏龍茶とは味も見た目も香りも全く違います。日本にお越しの際には煎茶の飲み比べをしてみるのもいいですよ。

 

 

 

② 玄米茶

これは煎茶とは茶葉から異なります。玄米茶は茶葉ではなく玄米を炒って作られる製法になります。米本来の風味や味が味わえるお茶となっています。日本人はよくこれを飲むとお茶漬けの味がするなどと言っています。玄米茶にはカフェインがあまり含まれていないので、子供からお年寄りまで幅広い年齢層の方に飲まれています。

 

 

 

③ ほうじ茶

ほうじ茶は茶葉を褐色になるまで炒って焙煎した製法になります。炒ることにより独特の茶色や風味というものを生み出しています。日本ではこのほうじ茶というのがブームとなっています。アイスやラテにほうじ茶が使われています。コンビニでもお手軽に買うことができます。

 

 

 

④ 抹茶

抹茶は海外でも人気があります。抹茶は新芽を日光に当てず収穫します。その後蒸して乾燥させて石臼で粉状にします。それが抹茶というものになります。日本はこの抹茶が昔から親しまれています。茶道という日本文化にもこの抹茶が使われています。

ほうじ茶同様、アイスやラテ、ケーキなどにも多く使用されています。同じ抹茶でも品物によって全く違う味や風味がします。抹茶そのものは苦味が強いので砂糖などで甘く口に合う味にしてから飲むといいかもしれませんね。

 

 

 

このように日本では多くのお茶が親しまれています。コンビニやスーパーではペットボトルのお茶がお手頃な値段で買えるのでおすすめです。自分好みのお茶はどれなのか、飲み比べしてみるのもおもしろいですね。日本食の「おにぎり」と合わせて食べてみてください。

 

Kết nối thật dễ dàng tại Nhật Bản với SIM Card Mobal


 
 

Thẻ thanh toán quốc tế GAICA – đăng ký nhanh, sử dụng thuận tiện


 
 

Job-Hunting Interview Vol.1 技術のわかるマネージャーになりたい!(Vietnamese)


 
 

【留学生必見】インターンシップとは何か?(Vietnamese)